葡萄

本物のシャンパンに使われることが許された3つの葡萄品種は、シャルドネ、ピノノワールおよびピノムニエです。Armand de Brignacのキュヴェが持つ軽くて細かく弾けるような泡立ちは、シャルドネ葡萄品種の品質に由来し、ピノノワールが力強さ、大胆さ、そして深みを味わいにもたらします。そしてピノムニエは、丸み、陰影、そして果実の香りをキュヴェに加えます。 Armand de Brignacの3種類の葡萄は、クラマン、アヴィス、オジェ、チオリ等のグラン・クリュや、ルデス、リリー・ラ・モンターニュ、ヴィレ・アルラン、タイシー、ヴィレ・マルムリー、マルィユ・スュル・アイ等のプルミエ・クリュを含むラ・マルヌで最高の葡萄園からのみ選択されています。

収穫およびプレス

有名ワインであるシャンパンの評判に相応しく、収穫は葡萄園における楽しい時期です。この時期、葡萄はワインとなる準備が整います。収穫のお祭り騒ぎは、1本のArmand de Brignacボトル含まれる2億5千万の泡を通して伝えられると言う人もいます。 収穫は通常9月の第2週に行われますが、天候により前後することもあります。法律により全てのシャンパン葡萄品種は、手で摘み取られなければなりません。この2週間の間、葡萄園は、スタッフとして手伝う家族を含む作業者で溢れます。収穫祭では、葡萄園のリザーブワインと伝統料理が振る舞われます。この伝統は、ルイ15世の役人がこの葡萄園を所有および手入れをし、各葡萄園の最も良いワインを王室へ献上した頃から何世紀も続いています。 現在では多くのシャンパン醸造者が工業用の大容量プレスを使用していますが、Armand de Brignacでは伝統的なコカールプレスが使われています。これは、手で摘まれた葡萄から、ゆっくりと高品質のシャンパンが生み出されることを保証します。各ボトルは、葡萄の初回プレスのほんの一部から作られます。プレステージ・キュヴェと分類されるためには、Armand de Brignacは各収穫において,最も優れた豊かなワインから作られなければなりません。これにより、シャンパンが熟成すると共に複雑さと繊細さが加わります。

ブレンドと熟成

葡萄がプレスされた後、Armand de Brignacが持つ妥協のない品質と個性を具現化する特徴的ブレンドが、葡萄園の醸造家親子により作り上げられます。各ボトルには優れた収穫年から特徴的な3つのビンテージがブレンドされ、最終キュヴェが生み出されます。シャンパンの品種とビンテージのブレンド技術は、醸造における最も重要な部分であり、ワインメーカーが当家の個性を毎年維持することを可能にします。 マスターエノログが完璧な調合を作り上げると、Armand de Brignacは伝統的な装置を使用して,一人の職人によりボトル詰めされます。この丹精込めたプロセスにより生産量は制限されますが、各Armand de Brignacボトルが最高の品質および熟練した職人技の基準を満たしていることを保証します。 シャンパンがボトル詰めおよび封印された後、3つのブレンドの熟成に適した、地下貯蔵室の特別セクションに保存されます。119段(30メートル)以上を下った場所にある地下貯蔵室は、シャンパン地方で最も深いものと見なされており、Armand de Brignacの素晴らしく繊細な個性を生み出すために、ゆっくりとした熟成プロセスに必要な一定の温度の維持に貢献します。

ルミアージュとデゴルジュマン

地下貯蔵室で4~5年熟成された後、ボトルは伝統的な木製ラックに収められてルミアージュと呼ばれる、何世紀にもわたって続けられているリドリングプロセスが行われます。ルミアージュの期間、瓶首に溜まる沈殿物を振るい分けるために、ボトルは毎日手で僅かに回されます。自然の熟成プロセスを邪魔することなく、完全および完璧に滓を集めるために、1ヶ月間の段階的なリドリングが必要です。多くのシャンパンハウスは、現在では機械式のリドリング装置を使用しています。しかしArmand de Brignacでは伝統的な工程を順守し、今でも手作業でルミアージュが行われています。30日間の回転と振るい分けが行われた後、沈殿物は手で取り除かれてデゴルジュマン段階に移行します。

ドザージュ

デゴルジュマンの後、調合が厳格に守られた葡萄園特製のリキュール・ド・ドザージュがArmand de Brignacブレンドに加えられます。以前の収穫における最高級の無発泡ワインのブレンドを、バーガンディおよびシャンパーニュからのオーク樽で1年間熟成させて作られたドザージュは、シャンパンに繊細な陰影を付け加えます。ワインメーカーはこれを「A touch of soul」と呼んでいます。このステップは、Armand de Brignacが持つユニークな個性を維持するために特に重要です。当家のプライベートテロワールから慎重に選択されたビンテージと同じ組み合わせを持ち、世界中のどのワインも、また他のどのシャンパンも、ドザージュをオーク材で熟成するのは、当家のメインキュヴェ以外にありません。

フィニッシング

最終処理プロセスの一部として、ボトルは職人が熟練した手際で、次々とコルク栓され封印されます。装飾が施された繊細なArmand de Brignacボトルは、特別な形状およびメッキのために、注意して手で取り扱われなければなりません。コルクと金属ミュズレが取り付けられた後、Armand de Brignacクレストが印刷されたされた黒いカプセルに納められます。生産の最終段階において、4つのピューターラベルがボトルに貼られて手で磨かれます。これにより各ボトルがユニークで独特の芸術作品となります。2本のボトルを並べると、ピューターおよび打ち延ばされた金属の色合いと質感の細部に、僅かな違いを見ることができます。Armand de Brignacの全てのボトルには、バターのようにソフトで、クリーミーで複雑なシャンパンが納められています。