歴史

シャンパン造りの技術には、中世にまで遡ることのできる豊かな歴史があります。17世紀以前のフランスのシャンパーニュ地方では、今では世界的に有名となった発泡ワインではなく、無発泡ワインが生産されていました。当時シャンパンの葡萄園の多くは、カトリック教会が所有しており、聖餐で使用するために修道士がワイン造りを行っていました。シャンパーニュのモンターニュ・ド・ランステロワールにおける聖職者はフランス国王により任命され、この地域の無発泡ワインは即位式で使われました。 17世紀に新しい醸造法が取り入れられ、シャンパンのワインメーカーは発泡ワインの生産を始めました。この新しいタイプのワインは高い人気を博し、発泡ワイン造りは世界的なブームになりました。しかし今日においも、「シャンパン」の名前を合法的に使用して発泡ワインを醸造、ボトル詰め、そして熟成できるのは、フランスのシャンパーニュ地方に限られています。 ブリュットシャンパンは、辛口のシャンパンに対する需要を満たすために開発され、19世紀後半にデビューしました。Armand de Brignac Brut Goldを含む伝統的なブリュットシャンパンは、様々な秀作年のブドウがブレンドされており、当家のユニークな個性を反映した特別な味わいを作り上げています。ブリュットマルチビンテージの品質は、それぞれの葡萄園を評価するためのベンチマークとして使用されています。これはシャンパンの先駆者たちが作ったワインのスタイルに最も良く似たものです。 Armand de Brignacが持つ大胆さは、シャンパンの革新者たちを導いた同じ情熱とイマジネーションから生み出されます。彼らと同様、Armand de Brignacは因習で定義することはできません。